ビットコインボルト(BTCV)よくある質問

ビットコインボルト (BTCV)の特徴に関するよくある質問をまとめてみました。

ビットコインボルト(BTCV)は、中央化方式ですか?非中央化方式ですか?

ビットコインボルト(BTCV)は、脱中央化された仮想通貨です。

既に多くのコインがビットコインより優れていると主張しています。ビットコインボルト(BTCV)が他のコインと決定的に違うところはなんでしょうか?

ビットコインボルト(BTCV)は、唯一無二の価値保存の手段として使用されることを目的としています。ビットコインとビットコインボルト(BTCV)、この2つのコインはコーヒーを購入するような小規模商店にて、日常的な決済においては実用的ではありません。しかし、長期的な価値保存手段として、その活用性がより大きくなります。人々が長期的な投資として価値が上がることを期待して金に投資していたのと同じように、ビットコインボルト(BTCV)は10年後〜20年後には金に代わる保有資産になりうると推測しています。より詳細な説明はこちらをご覧ください。

ビットコインボルト(BTCV)の信頼性が担保される機能とは?

ビットコインボルト(BTCV)は、以下の核心的な機能で高いユーザーの信頼性をえようとしています。

・盗難防止機能

 ウォレットの生成時、3つの鍵が与えられます。1つ目の鍵は日常的な取引のため、2つ目の鍵は盗難および信用詐欺に対する対策のため、24時間以内なら復旧可能です。2つ目の鍵はより安全な場所に置かれ、日常的には使用されないため厳重なセキュリティ保障を可能にします。3つ目の鍵は高速取引を可能にするために使用されます。

・コイン保有所の脱中央化

現状、ビットコインは中央化されている状態です。0.06%のウォレットがビットコイン全体の62%を保有する不均等な配分状態が発生しています。上記の問題を打開するべくビットコインボルト(BTCV)は、コインを保有しようとされている方々に、予め構成に配分されることを目指しております。

ビットコインボルト(BTCV)の特徴

ビットコインボルト(BTCV)のマイニングはどのように行われますか?

マイニングは、ビットコインと同じくASICマシンを使用します。事実上、ビットコインと同一なソースコードを使用しています。ビットコインボルト (BTCV)は、全く新しいコインです。

多くの仮想通貨はGPUマシンを使用してマイニングされています。GPUはTH(テラハッシュ)あたりの費用がASICに比べて高価です。投資家たちは彼らの投資金額に対し、より多くのTH(テラハッシュ)が与えられることを好み、これはGPUで運用され仮想通貨マーケットにて2番目の規模を占めているイーサリアムに比べ、ビットコインのマイニングマーケットが、100倍も大きい理由の一つであります。

ビットコインボルト(BTCV)のマイニングは、マイニングシティによって提供されています。

ビットコインボルト(BTCV)のソースコードはどの開発者も参加、協力が可能なオープンソース・プロジェクトになる予定ですか?

ビットコイン同様、ビットコインボルト(BTCV)はオープンソースで開発されます。この仮想通貨は事前マイニング、ICO(仮想通貨公開)無しで構成な方法でリリースされます。開発者たちはコインの当資金を保有せず、マイニングに対するシェアももらいません。ビットコインボルト (BTCV)は献身的なコミュニティとオープンソースをベースに構築されます。

ビットコインボルト(BTCV)の取引のキャンセル、払い戻しの際に手数料は発生しますか?

ビットコイン同様、少量の取引手数料のみ存在します。

ビットコインボルト(BTCV)の最大供給料はどのくらいですか?

ビットコインと同様、総発行枚数は2,100万枚になります。

ビットコインボルト(BTCV)のブロック報償と半減期について教えてください。

ビットコインボルト(BTCV)は、マイニング開始日から約4.5年のうちにビットコインのマーケット市場規模に追いつく予定です。ブロック報償は各ブロックごとに175枚のビットコインボルト(BTCV)のコインのレベルから始まり、およそ6ヶ月毎にブロック報償が20%ずつ減少します。

なお、ビットコインのマーケットに手の総供給量に追いつくまでは20%減少が継続されます。ビットコインのマーケットにおける総供給量に追いつく際、ブロック報償の半減期はビットコイン と似たように展開されます。

ビットコインボルト(BTCV)の半減期スケジュール

何故、ビットコインという名称を使用するのですか?ビットコイン・SVやビットコイン・ゴールドのようにビットコインから派生されたコインとして関心を引こうとしていますか?

ビットコインボルト(BTCV)をビットコインと競合させ、ビットコイン所有者を惹きつけるためです。目標は市場で2番目に大きな仮想通貨へ成長することです。

ビットコインボルト(BTCV)を購入する方法を教えてください。

ビットコインボルト(BTCV)は、ビットコイン同様、仮想通貨取引所で現物取引による取得をするか、マイニングシティでマイニングを行いマイニング報酬として取得するかの2通りがあります。

コインとしての保持ならば現物取引、ビットコインボルト(BTCV)の事業性に投資をするならマイニング投資と考えた取得をお勧めします。

ビットコインボルト(BTCV)を友人から聞きました。良い話しか聞きませんでしたが、怪しい詐欺コインなのでしょうか?

ビットコインボルト(BTCV)のマイニング投資に関するマーケティングをマイニングシティという会社が、アフィリエイト展開させています。要はマイニング事業に参加する人を紹介したら紹介料がもらえる仕組みです。

この紹介料欲しさにビットコインボルト(BTCV)を熟知をしないまま伝えてしまう人がいます。こういった場合、ちゃんとした情報が伝達されないので、怪しく聞こえてしまうことがあります。

ビットコインボルト(BTCV)に関心があって、ちゃんとした話を聞きたい場合は、是非こちらからお問い合わせください。

ご理解の出来るまでサポートをさせていただきます。

ビットコインボルト(BTCV)は、2020年8月に大暴落をしましたが、もう終わりではありませんか?他の草コインのように価値は下がる一方で、誰かに利用されるだけではありませんか?

2020年8月23日にビットコインボルト(BTCV)は、それまで異常な人気を誇りレート上昇を続けていましたが、急落をしました。原因は、リリース直後に大量保有したホルダー(一時的に第三者にマイニングを開放していた時期があったそうです。)が、一度に売りを意図的(?)に起こし価格が急落したため、ビットコインボルト(BTCV)のコミュニティ内での狼狽売りを誘発し、$500近くあった価格は、$100付近まで急落しました。

運営側は本来あるべきレートに戻ったと説明しています。それはさておき、このビットコインボルト(BTCV)の魅力は、仮想通貨発の誤送信取り消し機能、ハッキング対処機能の付いた仮想通貨であることです。こんな機能を持ったコインは他にありません。これらを理解している、「真面な」投資家が今後の様子を見ながら投資参入してくると推測しています。

その起点のしてみられるのは、業界内での認知と流通量の増加です。

大きな取引所で扱われるようになると、ビットコインやイーサリアム他のにようにちゃんとしたコインとしての認知もされて、一般的なトレーダーにも広く興味を持たれることになるでしょう。ましてや仮想通貨の王様であるビットコインでさえ持っていない泣き所を解決できる機能(ハッキング対応、誤送信取り消し)があるものになると、どうでしょうか?あなたが仮想通貨のトレーダーならならどうしますか?

そして、この秋その起点となる動きが見られるかも知れません。

そうなってきたら、仮想通貨業界ではひと騒ぎ起きることになると思います。