ビットコインとビットコインボルト(BTCV)の違い

仮想通貨のスタンダードとして認知されているビットコイン(BTC)とこのビットコインボルト(BTCV)は、同じプログラムで同じコンピュータで作られます。

ですが、ビットコイン(BTC)の課題を解決すべく開発されたビットコインボルト(BTCV)ですので、その違いをみてみましょう。

ビットコインとビットコインボルト(BTCV)の仕様の対比

仕様ビットコイン(BTC)ビットコインボルト(BTCV)
リリース時期2009年1月2019年12月
開発者サトシ・ナカモトマインベスト社
発行枚数上限2,100万枚2,100万枚
コンピューター(集積回路)ASICASIC
コンセンサス・アルゴリズムPoW (プルーフ・オブ・ワーク)PoW (プルーフ・オブ・ワーク)
承認時間10分24時間(10分)切り替えが可能
半減期4年に一度半年に一度(約20%の減期)
発行進捗状況(2020年9月10日時点)80%以上40%未満
誤送信対応不可能24時間以内なら可能
盗難防止機能無し有り(24時間以内)
セキュリティ・キー1つ3つ
分散性0.06%のホルダーが約61%の発行数を保持「マイナー」=「ホルダー」で多くを分散
ビットコインとビットコインボルトのスペック対比

ビットコインとビットコインボルトが一緒の部分

  • ベースプログラムが一緒
  • 総発行枚数が、2,100万枚
  • アルゴリズムは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
  • マイニング報酬の減少期がある
  • 承認目安時間が10分(10分ごとにマイニング報酬が得られる。ビットコインは、6.25BTC ビットコインボルトは、150枚!)

ビットコインとビットコインボルトの違うところ(ビットコインの持っていた課題)

  • 誤送信の取り消し機能(ビットコインは、誤送信すると取り消しは出来ず行方不明となる)
  • マイナーの集中分散・コインの独占状況を改善(ビットコインは、多くの中国人マイナーが独占)
  • 減期が6ヶ月に一度なので、レート上昇のスピードが速い(ビットコインは4年に一度マイニング報酬が半減)

ビットコインの「半減期」とビットコインボルトの「減期」

ビットコイン(BTC)もビットコインボルト(BTCV)も仮想通貨としてのインフレ対策として、流通量の調整機能を持っています。それが「マイニング」になるわけですが、その内容は若干違います。

ビットコインの採掘量と半減期
ビットコインボルトの採掘量と減期

ビットコイン(BTC)は、4年に一度マイニング報酬量がそれまでの半分になるのに対し、ビットコインボルト(BTCV)は、半年に一度、累積残分の約20%が減少された形で、マイニング報酬量が調整されます。

ビットコインボルト(BTCV)は、半年に一度「減期」を迎える事で、市場価格(レート)の上昇タイミングが比較的短いスパンで訪れることになり、価値上昇のスピードが速いということになります。

ビットコイン(BTC)の半減期と価格推移

これまでのビットコイン(BTC)の半減期とその価格推移を見てみましょう。

ビットコインの半減期と価格推移

ビットコインボルト(BTCV)の減期と価格予想

ビットコイン(BTC)の例で価格推移をみたときに、半減期の翌年に大きく価値を上げていることがわかります。ビットコインボルト(BTCV)の減期は、半年です。1/8の周期で減期後の価値上昇が生まれるとすれば、3ヶ月後ですね!

ビットコインボルト(BTCV)の減期と価格推移を見てみましょう。まだ誕生したばかりなので実績値は乏しいですが、1度の減期はすでに経験をしています。

2020/3/26-2020/7/31までのビットコインボルトのチャート
ビットコインボルト 減期BTCV価格
2019年12月0円
2020年5月(1回目の減期)19,196円
2020年11月(2回目の減期)?????円
2021年5月(3回目の減期)??????円
2021年11月(4回目の減期)???????円
2022年5月(5回目の減期)????????円
2022年11月(6回目の減期)?????????円
2023年5月(7回目の減期)??????????円
2023年11月(8回目の減期)???????????円
ビットコインボルトの減期と価格推移

ビットコイン(BTC)と同じような価格上昇を辿るとは思いませんが、その価値を市場に認められ流通量が増えてくると現実味は帯びてくるでしょう!

ビットコインボルト(BTCV)の分散性

ビットコインボルト(BTCV)は、ビットコイン(BTC)の課題を解決すべく誕生した経緯をご説明しました。まだ、ご覧になっていない方はこちらをご覧ください。

ビットコイン(BTC)の持つ課題のうちの一つの中に、ビットコイン(BTC)の配分状況と流通量の懸念があります。

ビットコインボルトのアンバランスな配分状況

ビットコイン(BTC)は、0.06%のホルダーが、全流通量の61%を保有していることが分かっています。これはどういうことかというと、数少ないホルダーが大量に市場で売買すれば、市場価格をコントロールできるということです。

ビットコインボルト(BTCV)では、こう言った問題を解決するために「公正に配分をする」ことを目標にしてきました。ビットコインボルト(BTCV)のマイナー(投資家)に、その持ち分に応じたコインを配分するのです。

よって、任意の誰かの思惑で価格操作が行われるというような事は起こりにくくなる!という事です。

ビットコインとビットコインボルトの市場流通プラン

日本におけるビットコインボルト (BTCV)の事業性

日本における仮想通貨の保有者の割合は以下の通りです。

日本における仮想通貨保有者の割合 2019年7月 日銀調べ

ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨を保持する(ホルダー)と仮想通貨を生み出す(マイナー)と立場が違えばその見方も変わってくるでしょう。

ホルダーの立場で言うと毎日刻々と変わるコインの市場価値(レート)の上下に右往左往することになると思います。

しかし、マイナーの立場であれば市場に流通するコインを産み出す立場にあるので、市場価値(レート)の上下は、さほど影響はなく

「どの時点で事業参入出来るか?」

という事が最も大きな成功ポイントになると思います。

市場の普及曲線「イノベーション理論」

スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が提唱する「イノベーター理論」から考えると

グループ説明割合市場における役割仮想通貨への関わり
イノベーター新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ。2.5%市場開拓者マイナー
アーリーアダプター社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。13.5%市場開拓者マイナー
アーリーマジョリティ新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。34%消費者・お客様ホルダー
レイトマジョリティ新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。34%消費者・お客様ホルダー
ラガート最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。16%
イノベーター理論におけるグループ分けと割合

大きく利益を上げようとすると成功分岐点である、イノベーター、アーリーアダプターの部分に所属するかしないかで決まるそうです。

仮想通貨全体で見るとまだまだこれからの感じもしますが、ビットコインのマイニングについては既に80%以上ものマイニングは完了しています。また、多くのマイニング事業者が参入し競合も激しい状況です。

これらの状況を踏まえ、ビットコインボルト(BTCV)のマイニング事業への参入がいかに有効かが分かると思います。

あとは、市場に認知されればビットコインボルト(BTCV)は、ビットコイン(BTC)と同じ軌跡を取る可能性があるのです。

ビットコインとビットコインボルトの違いのまとめ

  • ビットコインボルトの持つ3つのセキュリティ・キーで、誤送信や盗難防止を実現出来る
  • ビットコインボルトは、半年に一度「減期」があり、価格上昇のキッカケとなるとみられている
  • ビットコインボルトは、公正な配分が行われ価格操作のリスクが低い
  • ビットコインボルトのマイニングは、まだ 30%程度で市場参入時期が早いほど事業収入が多くなる

さあ、はじめましょう!

ビットコインボルトのマイニングを始める

資金を伴う投資のことなので、ご無理の無きよう余剰資金の中でのご参入をおすすめします。

マイニングシティ登録前のご相談

マイニングシティに関してこんな悩みをお持ちの方


・マイニングシティやビットコインボルトの将来性や信用性に悩んでいる人
・友人からの誘いがあり興味はあるけど友情を壊すのが嫌で見送っている人
・紹介してくれた人が嫌でビットコインボルトの購入を見送っている人
・マイニングシティを登録する前に情報不足で悩んでいる人


当サイトからマイニングシティに登録をした方は徹底サポートします!