ビットコインボルト(BTCV)初めての大暴落について

2020年8月24日、それは突然起こった・・・!

マイニングシティ CEOグレッグ氏の8/26の緊急インタビュー

ビットコインボルト(BTCV)のマイニングをマーケティング・プロモーションを行う「マイニングシティ」CEO・グレッグ氏の緊急インタビュー

価格暴落の原因について

起こったことは仮想通貨市場では、決して珍しいことではない、ということを踏まえた上で、

主要取引所のデータを見ると、値下がり前の数分間でコインの動きが大きくなっていたということを報告。

コインの売り注文が買い注文を上回った・・・と当然のことを説明されています。

「大きな動き」・・・というのが、大口のホルダーを指していると思われます。
この大口ホルダーの売り注文が、その他の買い注文を上回ったために、レートの下落をもたらした
ということです。

これを見た他のトレーダーが、リスクを感じて売りを起こした可能性があり、最終的にはビットコインボルト(BTCV)ホルダーのパニック売りを誘発し、大きな暴落につながった・・・ということのようです。

パニックとなってビットコインボルト(BTCV)を売ってしまったホルダーは、マイニングシティのマイナーであったことが確認されているということでした。

ビットコイン(BTC)の過去の事例

ビットコイン(BTC)でもこのような大幅な下落は経験していて、2012年8月にはビットコイン(BTC)の価格は、わずか3日間で57%も下落をしました。

また、2017年の市場最高値の2万ドルに達した直後に数ヶ月で連続的に下落したこともありました。83%もの下落率でした。

ビットコインボルト(BTCV)の試練の時

ビットコインボルト(BTCV)にもビットコイン(BTC)同様、試練の時期があって然りです。ビットコインボルト(BTCV)のセキュリティと開発チームは、ちゃんとしたプロジェクトです。個人チャットでビットコインボルト(BTCV)の価格操作が人為的に行われているということを聞くことが多くなりました。その理由は、ビットコインボルト の価格が、2020年の3月から約1,500%も上昇をしたからです。あり得ない相場の動きが人為的な価格操作を行っている疑念につながっていると思います。

ビットコインボルト(BTCV)の価格は、コインの背後にいる人たちに依存していません。市場からの評価だけに依存しています。

(要は、運営側での人為的価格操作の否定)

ビットコインボルト(BTCV)の現状と今後

ビットコインボルト(BTCV)の価格は最終的には回復してきました。このベースとなっているのは、ビットコインボルト(BTCV)が最も安全であるという可能性と開発力が市場から支持され、大きな価格回復につながっているのではと考えています。

マイニングシティ の人間として、価格の良い時に買い増しをして欲しいということを遠回しではありますが訴えています。

近日中に新しい技術(トリプルキー)のアップデートがリリースされるかもしれません。

間も無く、ビットコインボルト(BTCV)との価格の「逆転」が実現するかもしれません。これは仮想通貨市場において真の革命です。

新しい取引所、ビットマート(BitMart)で 2020年9月7日から取引が開始される予定です。

取引所が増えれば、流通量も増えるので市場のレートへの影響も考えずにビットコインボルト(BTCV)を売ることができるのです。

市場が予測不能な状況に陥ったときは、市場の動向や取引現象についてより多くの人々を教育する必要性を感じています。

そのためにコミュニティとウェビナーを開催することにしました。

また、ビットコインボルト(BTCV)のSNSもフォローしてください。常に新しい情報を掲載しています。

グレゴリーCEOのスピーチからの見解

  • マーケットの状況に右往左往されることの無いように冷静に判断、行動をして欲しい
  • ビットコインボルト(BTCV)は、新しい技術アップデートも控えているので今後も期待をして欲しい
  • ちゃんとした判断が行えるように正しい情報を入手して欲しい。その為にウェビナーの開催やSNS更新を行う
  • 良ければ状況に応じてビットコインボルト(BTCV)の買い増しも検討して欲しい

ということだったのでは無いかと思います。

ビットコインボルト(BTCV)のホルダー、マイナーの皆さん、どう判断されるかわかりませんが、

私は、20%の買い増しをしました。ビットコインボルト(BTCV)が今、下落しない根拠を持っているからです。

しかし、世の中には絶対というものは存在しません。

また、仮想通貨の世界は特に先行きは不透明である要素は多いものです。

ホルダー、マイナー皆さんご自身の投資ポリシーに従ったご判断をされてください。