ビットコインボルト(BTCV)が作られた経緯

ビットコイン(BTC)の抱えていた課題

ビットコインの課題

ビットコインボルト(BTCV)は、なぜ作られたのか?

数多くある仮想通貨の中で、どのような使命を持ち生まれたのか?

ビットコイン(BTC)が、「通貨」として世界中に流通するようになり、その利便性やコスト安による流通性の向上は目を見張るものがあります。

ただし、いい事ばかりではありません。

多くの人が経験をされているかもしれませんが、ビットコインの誤送信による紛失や多くのビットコインを一部のウォレットが所有する事で市場への影響が懸念されたり、当初目指していた「安全で利用しやすい新しいデジタル通貨」としての価値が懸念されてくるようになりました。

そう言ったことから、ビットコインSV(BSV)やビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインの改善版として世に出されてきましたが、安全面においての改善はなされていない状況のままでした。

ビットコイン(BTC)に危機感を持った企業マインベスト社

マイニングホスティングサービスのマインベスト社

MineBestは、暗号化コンピューティング活動を専門とする技術的に高度なインフラストラクチャ企業です。(ポーランドのワルシャワにあります。)

暗号通貨鉱業で最も動的に成長している会社の1つであるコアビジネスは、鉱業設備の専門的なホスティングサービスを提供するために調整されたデータセンター設備の構築を伴います。
MineBestのCEOであるEyal Avramovichと、鉱業および暗号通貨の分野に従事している仲間の起業家グループによって2017年に設立され、2015年から専門の鉱業農場の建設とメンテナンスの経験があります。
R&Dおよび販売センターはポーランドのワルシャワにありますそして、世界中のスマートマイニングファームの設計に集中して、市場で最も先進的なマイニングソリューションを世界に提供します。
MineBestはイスラエルに駐在員事務所があり、全世界(米国、中国、韓国、日本、カザフスタン)の5人の代表者で、カザフスタンに2 MW、18 MW、20 MW、45 MWの4つの仮想通貨鉱山ファームをホストしており、すべてがフル容量で、20 MWが建設中です。
2020年第1四半期に準備が完了すると予想され、2020年第2四半期に準備が完了すると予想される150 MWに加え、2019年第4四半期に最初の50MWが準備され、2020年第1四半期までに完全な100MWが準備される中国の100 MWデータセンター最適な標準と効率で稼働している数千台のマイニングマシンをホストし続けています。

MineBestの目的は、個人消費者に世界でこの種の最高で最も先進的な採掘設備に投資するオプションを提供し、24時間365日保守された現場で最高レベルのサービスを提供する安全な施設を確保することです。

なぜこの企業がビットコイン(BTC)に危機感を持ったのか・・・?

イエル・イブラモヴィッチ

Eyal Avramovich

マインベストCEO

イエル・イブラモヴィッチは暗号資産ビジネスに2015年に参入しました。
過去に様々な特許の取得を経験して いる発明家でもあり、その功績は日用品から乗用車まで多岐に渡ります。
同氏は暗号資産が多大な可能性を秘めいていることに気づき、参入を決意しました。現在、マインベストは 暗号資産マイニングサービス業界でも最もスピード感 をもって成長している企業として数えられています

マインベスト社のホームページ

このマインベスト社CEOのイエル氏が国際デジタルマイニング協会の初代会長だったから

WDMO会長時代のスピーチ動画

元々ビットコイン(BTC)のマイニングに深く関わって、よくご存知だったのですね・・・!

それで、ビットコイン(BTC)の抱える課題解決に取り込み、その解決手段として開発されたもの・・・

そう、それがビットコインボルト(BTCV)なんですね!

ビットコインボルト(BTC)の特徴

ビットコインボルト(BTCV)の特徴

ビットコインボルト (BTCV)は、ビットコインと同じソースプラグラムで作られています。

なので、発行枚数や承認アルゴリズムはビットコイン(BTC)と同じです。

  • 発行枚数上限 2,100万枚
  • 承認アルゴリズム PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

以下は、ビットコイン(BTC)と違う部分を解説します。

ビットコインボルト(BTCV)の目的

ビットコイン(BTC)は、「デジタル通貨」としての機能を持ち、送金や決済などで速く安く安全に利用することが目的とされてきました。

ビットコインボルト(BTCV)は、「通貨」としての機能は放棄し、「金(ゴールド)」と同じ保存価値を持たせることを目的としております。

・安全性 3つの秘密鍵で高いセキュリティ

仮想通貨を安全に管理されている「秘密鍵」が通常1つですが、ビットコインボルト(BTCV)は、3つあります。

そのため、盗難などに対するリスクが抑えられており高度なセキュリティが実現されています。

・操作性 承認時間が選べ送金取り消しが可能

ビットコインボルト(BTCV)の承認時間は基本的に24時間です。ビットコイン(BTC)とは違い長い承認時間を設定して、ハッキングなどのリスクを抑えています。時には、セキュリティリスクよりも送金の速さを優先させたい場合、ビットコイン(BTC)と同じように、10分の承認時間で高速送金をすることが可能です。

また、長い承認時間を設定している場合には、間違えた送金について取り消しが可能となりますので、ビットコインボルト(BTCV)は24時間以内であれば送金を取り消すことが出来ます。

・分散性 保護者の分散、相場介入の防止

ビットコイン(BTC)の問題の一つとして

「発行済みの61%のビットコインが、0.06%のウォレットに保管されている」

事実があります。これは大量のビットコイン (BTC)が、ごく少数の人たちによって保管されているということになり、ビットコイン(BTC)の相場を簡単に動かすことが出来る可能性があると言われています。

ビットコインボルト(BTCV)は、発行当初から多くの人に分散保有させる(マイニング)ことによって、少数の人たちが集中的に保有するリスクを回避しています。

ビットコインボルト(BTC)を支える体制

仮想通貨を普及させるためには、次のポイントが必要と言われています。

  • セキュリティや使いやすさなどのしっかりとした技術に基づく開発が出来る体制
  • ユーザーを拡大するためのマーケティングおよびプロモーション活動体制
  • より多くの仮想通貨を生み出すマイニング活動体制

開発技術パートナー・「Orbs Hexa」

ビットコインボルト(BTCV)の開発を行っているマインベスト社は、数年前に脚光を浴びたCARDANOエイダコインの開発を行っている「Orbs Hexa」グループで、仮想通貨業界でもかなり有名な組織です。代表のダニエル氏とイエル氏が親戚関係ということで結びつきも深いようです。

事業パートナー 「デジタルマイニング協会」

「デジタルマイニング協会(WDMO)」は、仮想通貨業化の国連とも言われています。マイニングメーカーやマイニングプール、ホスティングなどを行っている世界有数の企業が加盟していますので、仮想通貨業界の現状や課題など最新の情報が集約されています。

マーケティング・プロモーション担当 「マイニングシティ」

ビットコインボルト(BTCV)は、マイニングをクラウドマイニングで行っています。そのため、一般のユーザーがマイニング事業に参加できる仕組みになっています。このマイニング・ユーザー(マイナー)を募るマーケティング・プロモーション活動を行っているので、「マイニングシティ社」です。
マイニングシティのマーケティング・プロモーション活動は、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)方式を取っているので、よく「ネズミ講」や「ポンジスキーム」と 勘違いされますが、ちゃんとしたサポート体制を整えている会社です。

マイニングパートナー 

ビットコイン(BTC)もビットコインボルト(BTCV)もマイニングを行う仮想通貨は、高速なコンピューターで計算を行う必要があります。ASICという形式のコンピューターとなるのですが、日進月歩の技術革新でどんどんと新しいコンピューターが開発され、競って利用されていきます。

熾烈なマイニング競争に勝ち抜くために、最速のコンピューターがどうしても必要となり、安心して最新のコンピューターを供給してくれるハードウエアパートナーが必要です。マイニングマシンの供給メーカーは世界有数の企業ばかりで、以下の通りです。

ビットコインボルト(BTCV)に主に関わる企業

マイニング事業

マイニングシティ社

技術開発事業

マインベスト社

ビットコインボルトを手に入れるのは、マイニングシティ!

ビットコインボルトの価値を最大限に!
お得なポイント!


・ビットコインボルト(BTCV)のマイニングはここだけ!
・日本語対応でカスタマーサポートも日本語で安心!
・世界のマイニング大手企業との協業
・競争力の高いクラウドマイニングで競合を寄せ付けない!


当サイトからマイニングシティに登録をした方はサポートします!