ビットコインボルト (BTCV)の特徴

ビットコインボルト (BTCV)の安全性

3つの秘密鍵 が高いセキュリティを実現

通常一つしかない秘密鍵がビットコインボルト (BTCV)では3つ存在します。秘密鍵が一つしかない場合は、盗まれたり紛失したりすることで、自分の資産を失ってしまう可能性があります。ビットコインボルト (BTCV)は、万が一紛失や盗難で秘密鍵を無くしても残りの鍵で柔軟な対応ができるようになっています。全てのトランザクションが144個のブロックチェーンで承認され、緊急事態に備え、取引取り消しが可能な復旧用の鍵が生成されます。

トランザクションの確認時間24時間

取引の確認時間がビットコインの場合10分ですが、ビットコインボルト (BTCV)では24時間とすることで以下のことが実現できるようになりました。

  • 誤送信の取り消し
  • 盗難のリスクの軽減

ビットコインボルト (BTCV)の価値基準は「価値保存」であるため、取引に時間がかかっても問題にはなりません。ビットコインのような「通貨」としての価値を有する場合は、24時間も取引の時間がかかってしまうと問題になります。

また、ビットコインやその他のアルトコインでは、送信先を間違えてしまうとコインが「行方不明」となってしまう現象となり、回収不能で泣いた方もたくさんいらっしゃると思いますが、ビットコインボルト (BTCV)では24時間いないであれば、取引の取り消しが可能です。また、即時取引(インスタントトランザクション)という早急な取引も可能です。

ビットコインボルト (BTCV)の分散性

ビットコインの分布

BitinfoCharts調査「ビットコインの分布」

発行済みビットコインの61%を0.06%のウォレットが保有している。

BitinfoCharts https://bitinfocharts.com/top-100-richest-bitcoin-addresses.html

ビットコインは本来、非中央集権的なものではなかったか・・・? → 結果、相場のコントロールに影響していると言われています。

ビットコインの分布状況から言えること

SATOSHI NAKAMOTOのビットコインの当初のビジョンは、ネットワークに接続し、そのコンピューティング能力を使用してトランザクションを確認し、作業証明(PoW)の報酬を受け取ることができる個人を集めた分散型ネットワークを導入しました。ビットコインの価格が徐々に上昇するにつれて、鉱業は収益性の高い職業になり、すぐに数十億に値する業界になりました。プロのビットコインマイニングシステムが作成され、世界中で安価な電力の検索が本格的に始まりました。

今日、ビットコインマイニングの分散化の欠如は明らかです。ビットコインのマイニング活動の約70%は中国で行われており、残りのマイニングファームは世界的に競争力のある電力価格の国々にあります。さらに、ビットコインの採掘能力の大部分を単独で運営しているマイナーの小さなグループが市場に出ています。ビットコインマイニングネットワークの50%以上が、わずか4つまたは5つのプールの管理下にあります。ビットコインキャッシュなど、PoWに依存する他の暗号通貨は、ハッシュレートが大幅に小さいため、51%の攻撃に対して非常に脆弱です。

国際仮想通貨(WDMO)

要は、ビットコインのマイニングをしているのは中国でマイニングをしている企業が殆どで、その企業がほとんどのビットコインを保有していると思われ、価格(レート)の操作もこれらの企業が示し合わせてコントロールしているのでは・・・と、推測されているということです。

非中央化仮想通貨スタンダード(DDMS)

上記に伴うリスクを認識し、国際仮想通貨(WDMO)は一歩前進し、新しい分散型デジタルマイニング標準(DDMS)という認定制度を準備することを決定しました。最初に適用したブロックチェーンが、ビットコインボルト (BTCV)となっています。DDMSの規格の目的は以下の通りです。詳細はこちらをご覧ください。

ビットコインボルト (BTCV)の選ばれる理由

開発元が明記しているビットコインボルト (BTCV)のセールスポイントとしては、以下の3つのものがあります。

安全である

資金の安全性を確保する高度な盗難防止ソリューション

シンプルである

Bitcoin Coreをベースとし追加機能を搭載

フレキシブルである

ユーザーは高速送金か超安全送金かを選択可能

現実に選ばれている理由とは

  • レートの上昇が凄い!(2020年8月10日時点で、上々時の約500倍!)
  • 全てマイニングによる発行(マイナーからの供給のみとなるので市場が安定)
  • 取り扱いの取引所がどんどん増えている
  • ハッシュレートのパワーが桁違い
  • 半減期が短い(売り時の判断を逃す要因とも考えられている)
  • ビットコインと同じASICマシンによるマイニング
  • 開発元は、マイニングホスティングの大手企業のMineBest社
  • マルチレベルマーケティングによるユーザーの拡大(高い紹介ボーナス料率)

マイニングシティというマルチレベルマーケティングの手法でビットコインボルト (BTCV)のユーザーの拡大はされてきており、その為

「マルチ=詐欺」

という短絡的な判断から、色々と推測されている部分はあるようです。
投資案件ではなく、投機案件としての仮想通貨の現状を考えると怪しさは拭えないものはありますが、調べてみると至って健全なものではないかと判断できます。

ただし、レートの下落、変動などは仮想通貨の性質上思わぬ方向へ動くことは、これはどうしようもないことです。
仮想通貨投資を行う上では、どうしてもついて回ることと判断しておいた方がよろしいかと思います。

ビットコインボルト (BTCV)のロードマップ

ビットコインボルト (BTCV)ロードマップ
ビットコインボルト (BTCV)のロードマップ