【用語解説】ブロックチェーン (BLOCKCHAIN)とは

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)とは

分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに、暗号技術を組み合わせ取引情報等の情報を同期して記録する仕組みです。

ある単位の取引情報をブロックという塊にまとめて、コンピューター同士で検証し合いながら正確な記録をつないで(チェーン)蓄積する仕組み。ブロックをチェーンすることから、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)の特徴

改竄される可能性がほとんどない

一部のコンピューターで取引情報を改竄しても他のコンピューターの取引情報と整合性が取れない場合、改竄が受け付けられません。

低コストで運用できる

取引情報を管理する大規模コンピューターは必要とされず、分散型コンピューティングでネットワークが構成されるので低コストでの運用が実現できます。

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)の仕組み

ブロックチェーンは、ブロックという単位で取引の記録をされていきます。これをつなげていくのでブロックチェーンというわけです。

ブロックは一度確定すると取り消す事は出来ません。よって改ざんの出来ない非常に強固なセキュリティが保たれているということになります。

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)の技術

改竄されにくいデータ構造

過去に生成されたブロック内の情報を改竄しようと試みた場合、変更しようとしたブロックから算出されるハッシュ値(ハッシュ関数によって計算された値)は以前のものと異なるため、後続の全てのブロックのハッシュ値を変更をしなければなりません。これは事実上不可能であり、よって改竄されにくいデータ構造であると言えます。

P2P(ピア・ツー・ピア)通信方式

公開鍵による暗号化技術

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスアルゴリズム

スマートコントラクト

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)の分類

パブリック・ブロックチェーン(Public Blockchain)

許可を必要としないパーミッションレス方式

プライベート・ブロックチェーン(Private Blockchain)

許可が必要とされるパーミッション方式

コンソーシアム・ブロックチェーン(Consortium Blockchain)

許可が必要とされるパーミッション方式

ブロックチェーン(BLOCKCHAIN)の事例

ブロックチェーンの技術は、仮想通貨だけでなく以下の業界での業務利用にも広がりつつあ理ます。

決済や送金、証券取引などの金融業界

ポイント管理などの小売業界

機微な情報を扱う不動産業界

サプライチェーンやトレーサビリティなどの物流、流通業界

電子カルテや処方箋の受付などの医療業界

アートの所有権やコンテンツ著作権の管理のエンターテイメント業界